上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.12.30 12月26日~27日
12月27日 仕事納め
画像-0128_convert_20131230175707
今年最後の公務は
環境省で井上副大臣による勉強会でした。
「環境行政の今後について・東日本大震災からの復興に向けて」
と題し、25区若手議員の会12人で参加しました。

災害廃棄物の処理や除染の問題についてもそうですが、
環境省2240人の職員さんとの接し方、
一緒に仕事をしていく上での
心構えなどのお話しがとても勉強になりました。


12月26日 議会だより

第14回議会だより編集委員会に出席しました。
新しくなる101号の校正でした。
市民の皆さんにとって
とても見やすくなったのではと思います。
完成が楽しみです。
スポンサーサイト
12月20(金)井上塾

青年部活動の一環として、
井上衆議院議員を囲んでの座談会に、
初めて参加しました。都知事選が急遽決定し、
永田町が混乱している中での貴重なお話しでした。
東京・多摩・羽村のこれからについて、
同世代の様々な人と意見交換ができました。


12月18日(水)2市1町

羽村市議会定例会の最終日、
福生市議会正和会・瑞穂町議会自民新政会と、
羽村市議会新政会市民クラブとの懇親会が開催されました。
5年ぶりの開催ということで、
瑞穂斎場・西多摩衛生組合・福生病院など、
様々な機関で関わりの深い2市1町、
とても活発な意見交換がされました。


12月17日(火)研修会

第一回議員研修会に出席しました。
講師に恵泉女学園大学の大日向教授をお迎えし、
「これからの地方自治・子ども子育て支援新制度」
というテーマでご講演をしていただきました。

この新制度は、1990年から20余年の施策の蓄積であり、
「給付は高齢者、負担は現役世代」という
1970年代モデルが通用しなくなった、
日本の社会経済的変化が背景にあるものです。

お話の中で最も印象に残ったのは、
社会保障を世代間対立にしないための哲学の醸成という部分です。
少ない予算を、高齢者と子育てで取り合うという意識ではなく、

「社会保障の充実は社会の活力の基盤であり、
いずれの世代にとっても負担ではなく、
今の困難を分かち合い、未来の社会に協力し合うためにある」

という哲学を広く共有することが大切だというものでした。

夜は、羽村市商工会第三支部の忘年交流会に参加しました。


12月16日(月)役員会

第8回自由民主党羽村総支部役員会と忘年会が開催されました。
同じ会場で、羽村市観光協会の方たちが忘年会をしていて、
とても賑やかな交流の場となりました。


12月14日(土)発表会

午前中に、羽村市特別支援学級の発表会が
ゆとろぎ大ホールで開催されました。
どの学級もとても個性的で輝いていましたが、
1中8組の発表に感動しました。
沖縄をテーマに、迫力のあるエイサーのあと、
「さとうきび畑」の歌を朗読と琴で表現したものです。
静かにただ必死に演奏する彼らの姿が詞にピッタリとはまり、
戦争の悲しみが伝わってきました。

午後は、議会だより委員会で、
子育てボランティア団体「アップル」の方たちを
取材させていただきました。

夜は、NPO法人羽村市体育協会の
納会に参加させていただきました。


12月12日(木)意見交換会

東京都西多摩建設事務所と会派との、意見交換会に出席しました。


12月11日(水)理事会

午前中に第4回厚生委員会に出席し、
介護保険制度と容器包装リサイクル法に関する
陳情書について協議をしました。

午後は、第7回羽村市商工会理事会に出席しました。


12月10日(火)道徳
画像-0127_convert_20131225094604
羽村西小学校の道徳授業地区公開講座を参観させていただきました。
3年生と5年生の公開日でしたが、同じテーマでも先生が変わると、
全く違う授業になるから教育は不思議です。


12月9日(月)防衛協会

羽村市防衛協会忘年会に参加させていただきました。


12月8日(日)モノコト市
DSC07214_convert_20131225095419.jpg
昨年につづき、2回目となるモノコト市が
青梅市にあるモデルハウス「郷の家」で開催されました。
妻が主宰しているママポタージュが出店しているので
私は子守り担当で参加しました。
ママポタは子ども用の紙メガネと
出張料理きまぐれやさんとのコラボで食事やデザートを販売。
みんな子どもを抱えながら、準備など頑張っていました。
DSC07174_convert_20131225095149.jpgDSC07265_convert_20131225095356.jpg
子どもも一緒に参加できる、和やかな雰囲気のイベント。
とても有意義だと思います。

12月7日(土)党本部
画像-0124_convert_20131225094448
都連青年部の定例会に出席しました。
12月3~6日 定例会

平成25年第6回羽村市議会定例会が開催されました。
私は、「新たな市民サービスの提案について」とし、
・産業福祉センターの活用法について
・女性の再就職支援セミナーについて
・マタニティーマークについて
一般質問いたしました。
images.jpg

以下で、ご覧いただけます。
羽村市議会インターネット中継

11月30日(土)保育展
IMG_7901_convert_20131205195943.jpg
第19回はむら保育展が開催されました。
息子が0歳児から参加させていただいて、3回目の保育展。
去年できなかった平均台ができるようになったりと、
成長を実感させていただける素晴らしいイベントです。


11月28日(木)議会だより
第13回議会だより編集委員会に出席しました。
たくさんのサンプルを事務局の方が準備して下さったおかげで、
新しい表紙デザインが決定しました。
仕上がりがとても楽しみです。


11月26日(火)給食組合
午前中は会派の政策研究会に出席し、
午後は、羽村・瑞穂地区学校給食組合議会に出席しました。
夜は会派と羽村市建設防災協力会との意見交換会に出席しました。


11月25日(月)議会運営委員会
午前中は第9回議会運営委員会を傍聴し、
夜は商工会第3支部の役員会に出席し、
会員増強などについて話し合いました。


11月23日(土)福祉大会
画像-0122_convert_20131205194616
羽村市社会福祉大会が開催され、法政大学宮城考教授の講演会がありました。
テーマは「超高齢社会と地域のつながり」でした。
日本の高齢化社会(高齢化率7%)は、
1970年高度成長終了時の時で、
高齢社会(高齢化率14%)は、
1994年バブル終了時にむかえたそうです。

そして、2013年の高齢化率は25%で、
団塊世代が75歳以上になる2025年は30%超、
大介護時代の始まりだそうです。
日本の地域福祉は、民生委員さんという意識が強いが、
これからはとても担いきれない、
他団体と連携が重要になってくる、
地域の総合力が試される時代だ
というお話しが最も印象に残りました。

画像-0123_convert_20131205195238
午後は、田ノ上第一町内会の第17回文化展に行きました。
作品のレベルがとても高くて、
出展しなくて良かったと密かに思いました。


11月22日(金)音楽会
画像-0121_convert_20131205194727
第7回羽村市小学校音楽会が開催されました。
市内全小学校の6年生が集まり、
それぞれの個性を活かした素敵な演奏を披露してくれました。


11月21日(木)商工会
画像-0120_convert_20131205194457
羽村市商工会役員忘年会が開催されました。
羽村の特産品開発「桜の塩漬け」について、
様々なアドバイスをいただく事ができました。


11月20日(水)一般質問
午前中にママポタの準備を手伝い
そのあと議会事務局に一般質問を提出に行きました。
私は14番目、定例会3日目の12月5日に決まりました。


11月17日(日)防災訓練

画像-0116_convert_20131205194011
田ノ上第一町内会の防災訓練がおこなわれました。
町内会長さんをはじめ、役員のみなさんが自主的に東京都の助成金申請をし、
トランシーバーを購入して実施されました。
特に水害が懸念される地区なので、とても重要な訓練でした。


11月16日(土)作品展・学芸会
画像-0113_convert_20131205192706
羽村東小学校の作品展にいきました。
とにかく体育館の空間演出が
「すごい・みたことない」衝撃的な作品展でした。
ライトダウンしてのミニミニコンサートもとても素敵でした。
その後、羽村西小学校の学芸会・6年生
「ユタと不思議な仲間たち」を鑑賞させていただきました。
この学芸会もとても素晴らしく、
活き活きと演じる子どもたちからパワーをもらいました。
(30年前の西小で、私は「べろだしチョンマ」の役人Jという役をやったのを思い出しました)


11月14日(木)幼稚園
第17回羽村市私立幼稚園保護者連合大会が開催されました。
「時代の変化に合わせて幼児教育だけでなく、
働くお母さんのお手伝いで一時保育もするようになった。
利用しやすい制度になったかもしれないが、
子どもを施設に預けすぎないでほしい。
先生は、子どもたちに一生懸命接してすばらしい、でもお母さんではない。
やはり子どもたちにとって、家庭が基本なんですよ」
という先生の、会場に来ていたお母さんに向けた言葉がとても印象に残りました。


11月13日(水)三議連
画像-0110_convert_20131205192345
三議連冬期研修会に出席しました。
2020年オリンピック・パラリンピック東京招致について、
秋山俊行副知事などのお話を聞きました。
アテネとは異なり、シドニーは五輪開催後も観光客が減少していない成功例だそうです。
その戦略は大きく3つ、
①観客を競技会場だけでなく、他のところにも行くように仕向ける。
②国内外機関の強化
③国の魅力を高める
ターゲットは、観光客・ビジネス客・国際会議

多摩地区では、武蔵野市に会場が設置されるだけです。
あと7年、羽村市も何かアクションをおこしていかなくてはなりません。


11月12日(火)理事会
羽村市商工会理事会に出席しました。
産業祭が終わった後の会議だったので、来年度にむけて、
当日会場のテント配置を変えられないかを提案しました。
産業道路側テントへのお客さんの流れが明らかに少ないので、
何か改善策を考えなくてはなりません。
出展事業者さんたちは、全力でブースを作ってくださっているからです。


11月10日(日)芋ほり
IMG_7786_convert_20131205191750.jpg
市内いっせい美化・花いっぱい運動に参加した後、
「一歩」という子どもたちの居場所作り等の活動をしている、
友人主催の芋ほりにママポタと一緒に参加させてもらいました。
最近では市内で、焚き火ができるところが少ないらしく、
子どもたちと貴重な時間をすごさせていただきました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。