上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月9日(土)子どもフェス

画像-0106_convert_20131110212221
第31回青少年健全育成の日事業として、
功労者表彰式がゆとろぎ大ホールで開催されました。
その中で、大島・子ども体験塾の活動報告もあり、
小・中学生の発表がありました。
先日の災害から1日でも早い復興を願う言葉が、
とても印象に残りました。
その後、子どもフェスティバルがゆとろぎの前などで、
開催されました。
画像-0107_convert_20131110212109


11月8日(金)使用料審議会

私が所属する新政会市民クラブで、各担当部長さんから
使用料等の内容説明を受けました。
特に水道料金と西口区画整理事業について
時間をかけて説明していただきました。

11月7日(木)研修旅行

画像-0105_convert_20131110212329
自由民主党羽村総支部で、三保の松原と焼津に研修旅行に行きました。

11月6日(水)議会だより

第12回議会だより編集委員会に出席しました。
新しくなる101号もほぼ形になりました。
完成が楽しみです。

11月5日(火)議長会

画像-0101_convert_20131110212436

西多摩地区議長会研修会が、奥多摩町福祉会館で開催されました。
「道州制のゆくえ」がテーマで、中央大学佐々木信夫教授の講演を聞きました。
20年前、バブル崩壊時の国の借金が約300兆円、それが今は1000兆円以上になっている。
次の世代の為にも、あらゆる改善が必要になってきています。

11月2・3日 産業祭

去年と同様、2日は商工会商業部会のにぎわい大抽選会をやりました。
3日は、護国神社秋季例祭に出席の後、
画像-0098_convert_20131110213207
産業祭で新しい羽村の特産
「桜羽のお茶」を試験販売しました。
画像-0097_convert_20131110213133
同時に商工会青年部と共同で、羽村モヒートの試飲会をやりました。
画像-0099_convert_20131110213150
来年の花と水のまつりに向け、本格始動していきます。

11月1日(金)学習発表会

午前中は、栄小学校の学習発表会を鑑賞させていただきました。
5年生の「飛び出せ!環境の森」を鑑賞したのですが、
オリジナルのストーリーを、子ども達が全力で表現している舞台に感動しました。
午後は、松林小学校の道徳授業公開講座を見させていただきました。
スポーツが好きな私は、5年生の「メジャーリーガーイチロー」という
題材の授業に惹きつけられました。
夕方から、ゆとろぎで自治功労者等表彰式典に出席しました。
画像-0095_convert_20131110213832

10月30日(水)商工会セミナー

10月2日・16日・30日と3回にわたって開催された商工会セミナーの最終日でした。
講師の五島先生は、平成19年に経営していた会社が倒産し自己破産を経験されました。
一語一語に魂がこもったすばらしいお話を聞かせていただきました。

10月28日(月)三支連

画像-0092_convert_20131110213854
立川市で三支連秋期研修会が開催され、
自由民主党石破茂幹事長の講演を聞きました。

10月27日(日)親子工作

画像-0091_convert_20131110213908
21回目となる羽村親子工作教室が開催されました。
スポーツセンターのホールで、みんなで工作をするこの時間は、
子どもにとってとても貴重な体験だなと感じました。
私も数年後、息子と参加させて頂きたいと思います。

10月24・25日 行政視察

羽村市議会厚生委員会で、山口市に行政視察に行きました。
画像-0085_convert_20131110214024

画像-0083_convert_20131110214010

画像-0089_convert_20131110225734

山口市が取り組んでいる子育て支援策と、防府市にある夢のみずうみ村という
リハビリ施設を視察しました。これから羽村市にも多くの介護施設が開設します。
他市が実施しているいい施策は、積極的に取り込んでいかなくてはなりません。

10月23日(水)道徳

午前中は、ママポタ料理教室の子守りを手伝い、
午後は、武蔵野小学校の道徳授業公開と、講演会・意見交換会に参加させていただきました。
画像-0076_convert_20131110214747
意見交換の場で、ある先生が「道徳授業をやっていると、いつも最後は生活指導で終わってしまう。
どうすればいいか?」という質問をなげかけました。
それに対しての周りの先生方や地域の方達のお話しがすばらしかった。
真剣に子どもたちと向き合っている人たちの言葉だったからです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。